子育てとか渡仏とか。。。30歳主婦の記録

日本人家族がフランスのパリで暮らした日々の記録です。

【夫婦】たぶんわたしの悪い口癖

f:id:kiirotomao:20190330194959j:image

夫が仕事から帰ってくると、「今日売れた?」と聞いている自分に気が付きました。しかもほぼ毎日!

日本にいた頃はそんなこと聞かなかったのにな。

なぜなら日本では夫は工場でお菓子を製造していたので、「今日は何作ったの?」とか、「今日は忙しかった?」というふうに聞いていたように思います。

現在はフランスに来て、夫は工場では無くお客様が食べに来る・買いに来るお店の中で働いています。なのでわたしの質問は「今日売れた?」に自然と変化したのだと思います。でもこれ、自分だったらされたらめっちゃ嫌な質問なんですよね。ドレスや着物を販売していた頃は当たり前に聞かれていたし、人にも聞いていたのだけれど。今思えば、売れてない日に夫に「今日売れた?」なんて聞かれたら、その日の精神状態によっては「うるせぇ!こっちの気も知らないで!そんなこと聞かないで!」なんて返していたかも。ごめんなさい。

自分がしている質問が夫を傷付けているのかもしれないということに気付き、聞いてみました。

「今日売れた?」って聞かれるの嫌?

夫は「全然嫌じゃ無い」と答えたので、この人、心広いなぁと思いました。

夫が傷付いてないということが分かったので、一歩踏み込んで、「どうして売れたと思う?」も聞いてしまいました。(職業病なのかもしれません)

どうして今日は売れたのか、どうして売れなかったのか、売れる為にどうすべきだったのか、どうしてこの商品よりあの商品が売れたのか、そういうの、考え出したら楽しくない?

 

夫からは「どうして売れたか、、、どうしてだろう。金曜だから?」との返答が!答えはどうあれ、どうして売れたのかを考えている夫をわたしは初めて見ました。(なんだか嬉しい!素敵!)

 

実際に販売する側では無く、製造する側の人間だからなのかもしれませんが。結果売れた売れないについてはあんまり深く考えてないように感じます。(違ったらごめんね。)これから彼がどう変化していくのか、なんだか偉そうかも知れないけれど、わたしはとても楽しみだったりします。

 

(売る側の人間としてはさ、雨だったから売れませんでした。なんて口が裂けても言えないよね。)

 

わたしは決してめちゃめちゃ売れる販売員ではなかったけれど、売り方を考えるのは好きだったんだなぁと、改めて思いました。大好きな、素晴らしい先輩方のお陰です。

 

www.kiirotomao.com