子育てとか渡仏とか。。。30歳主婦の記録

日本人家族がフランスのパリで暮らした日々の記録です。

5月1日May Dayに思うこと。

jpnculture.net

5月1日は祝日でした。

フランスはほとんどのお店がお休みで(なので夫もお休み!♡)、絶対開いているであろうと思っていた大きなスーパーや商業施設もことごとくお休みでした(゚o゚;;

この日は一部の仕事を除いて、労働が禁止されているそうです。パン屋さんや、観光地近くのカフェやレストランは営業している様子でした。

日本にいた頃は、夫もわたしも土日祝日関係なく働いていたので、なんだか不思議な感じ。(むしろ稼ぎ時だったもの!)

サマータイムで日が長いこともあるのか、街全体の時間の流れがゆったりしているように感じました。家族でポケモンGOをしながら(フランスに来てから夫婦でハマりました。笑)パン屋さんでパンを買って、エッフェル塔の近くでピクニックしてきました。

f:id:kiirotomao:20190502192708j:image

労働とは尊いものです。会社勤めを辞めてから特に思います。(働いていないとね、わたしの場合けっこう暇です。家事育児ってものがあるけれど、わたしはそこら辺きっと人よりちゃんとしてないのだと思うのです。)

ワークライフバランスって言葉を知ったのも、意識したのもここ数年の話。わたしは労働収入の必要性も、権利収入のありがたみも知っています。世の中には色んな仕事があるということ、様々な収入の得方があるのだということ、娘と息子には早いうちから知っておいて欲しい。

選択肢を出来る限り増やしたい。親ってそういうものなのかなって、自分の親を見てわたしは思いました。

 

頑張って働こう。収入を増やすことは自分と家族の為になるし、仕事は誰かの役に立つ。わたしが今こうして生きているのも、誰かが働いているお陰ですから。